インプラントの工程

インプラントの工程のこと

インプラント治療中のこと

インプラント治療は人工歯根を手術により顎の骨に埋め込み、その上に人工歯冠をとりつけます。それぞれの状態にもよりますが、最終工程を終了するまでに数週間から半年の時間がかかります。その間、歯の無いまま過ごすということはありません。そこに登場するのがテンポラリークラウンとかプロビジョナルストレーションと呼ばれる、つまり仮歯です。その目的は見た目ということもありますが、機能面でも様々な役割を持っています。インプラント治療における仮歯は治療の各段階で形態の修正を行いながら繰り返し行われ、素材には加工しやすいプラスチックが使用されています

インプラントの見た目

インプラントとは、失った歯の代わりに人工歯根をあごの骨に埋め込み、そこに人工歯をはめ込む方法です。インプラントの良さは、入れ歯などと違いしっかりと土台があるので頑丈で硬いものも食べられます。また、何よりも見た目に違和感がないので、美しい元の歯と同じように見える良さがあります。絶対的な安定感と違和感のなさで多くの人がこの良さを実感しています。そして、他の歯を削ったり、負担をかけたりという影響が起こらないことも人気の理由の一つです。この方法は手術で行うので、費用面は少しかかりますが、費用以上のメリットがあることが最大のポイントなのです。

インプラントの情報

↑PAGE TOP