インプラントにしたい

インプラントにしたい理由

見た目や機能性を考えるなら

歯周病などで自分の歯を失ってしまった場合、多くの方が入れ歯やブリッジを作ります。これらの義歯は固いものが食べ難い、入れ歯やブリッジとすぐにバレてしまうというデメリットがありました。このような点が気になるという方は、見た目・機能性に優れたインプラント治療がおすすめです。この歯科治療はあごの骨に金属製の歯根を埋め込み、その上にセラミック製の義歯を装着して新しい歯を作ります。新たな歯根が作られるので固いものもしっかり噛む事が可能です。セラミックは白さを調節できるので、自分の歯と同じ仕上がりになります。見た目の良さや機能性を考えるなら、やはりインプラント治療です。

見た目を重視するインプラント

歯は良い印象を与えるために必要な要素の一つで、歯並びや歯の黄ばみを治すのは見た目を大切にするからと言えます。事故や歯周病などで歯が抜けてしまった時に、インプラントが良いと言われている理由も審美面の良さからです。入れ歯は明らかに不自然さがあるため、審美面や機能面で劣ります。ブリッジは審美面では自然歯と同じように見えますが、前後の歯を削って装着することになりますので、健康な歯を削りたくない人には向いていません。インプラントの場合だと人工歯根を顎の骨に埋め込み、人工歯を被せるので機能性や審美面両方で満足を得ることができます。費用の面では高額になりますが、若い世代の人は入れ歯やブリッジなどよりも利用する人が多いです。

インプラントの情報

↑PAGE TOP